04月 « 2014年05月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パースのキノコ

2014年5月30日(金)

今日は晴れ一時曇りで気温7度~18度でした。
家の中は寒~いです!

今日は「Koala-nanは見た!シリーズ」

コアラナンは見た

    -31- ええーっ!?これってキノコだよね?


今、こちらは秋。でもまさかねぇ~?でも・・どう見てもキノコだ!!

以前、ブログで紹介したけど伐採した木を粉砕機にかけてチップに
したものを庭の片隅に置いてありました。
数日雨が続いたと思ったら、そこからニョコニョコ顔をだしてました
驚いたのなんのって・・・
だって、山が無いのにキノコが出ると思ってませんでしたもの。

スーパーで売っているのはマッシュルームだけだし
週末に開かれる市場では稀に、えのき茸、エリンギ、ひらたけ
それと不味い椎茸もどきの椎茸(?)を売っているだけだから。

これは日本で言うチャワンダケの仲間、キクラゲに似ていますね。
Apple20140529-164703-0.jpg

これは粘菌の仲間でしょうね。
Apple20140529-164806-0.jpg Apple20140529-164757-0.jpg

他のキノコは不明です。
Apple20140529-164736-0.jpg Apple20140529-164848-0.jpg

それからというもの散歩の時、気をつけて見ていると緑の芝生にポツンと
しめじっぽいキノコ、木の根っこにはフウセンダケもどきのキノコ、
また、プルメリアの木にもキノコの仲間が張り付いていました。
Apple20140529-164920-0.jpg

もしかしたらカンガルーの棲むブッシュの中にもキノコがあって
今頃、カンガルーもキノコを食べたりしてるかもね。

Ap141724-0.jpg
・・・そんなことはないか

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

スポンサーサイト

タクシー

2014年5月28日(水)

今日は久々に青空が広がりました。午後には雲が多くなりましたが、
なんとか雨が降らずに済んだ1日です。気温は11度~19度。

今日はタクシーのお話しを。
パースでは「雲助」はいませんので安心してタクシーに乗れます。
Ap135532-0.jpg
(日本のプリウスは省燃費なのでタクシーでも使用されます)

メーター制なのでぼられることもありませんし、原則チップも不要です。
ちょっと変わっていると言えば、こちらの人はほとんどが助手席に乗ります。
荷物があるとか、話したくない人は後部座席でかまいませんが・・・

Rooは会話がうまくできないので後部座席利用者ですね。

先日、夜中に空港から自宅までタクシーに乗りました。
自宅まではおよそ20Kmの距離です。

空港のタクシー乗り場へ行くと4-5台待機していました。
Rooは一人なので先頭の大きなワゴンを避けて2台目へ。
すると2台目の運転手が「前から順番だ」と言いました。
(たぶんそう言ったと思います)

一番前のタクシーはワゴンタイプで10人まで可能な車種。
「え~っ、これに一人でのるんだ」と思いつつ後部座席へ。
トランクなどを積んでも5-6人以上は乗れる広さです。
Ap083817-0.jpg
(この大きさのタクシーもよく見掛けます)

行き先を告げて夜景を見ながら約20分。
掛かった運賃は$42ほどでした。
チップは不要ですが$50を渡して「残りは取っときな」と
伝えました(もちろん英語で)。

こちらではバンタイプのタクシーがやたら多いです。
スーパーなどで待機するタクシーは半分以上がバンタイプです。
日本ではめったに見ないとおもいますが。。。
Ap135515-0.jpg
(大きな買い物をしてもバンタイプなら問題なく入りますね)

それと大きなワゴンタイプはオプショナルツアーなど観光でよく使用します。
みなさんも経験あると思います。

タクシーは原則としてタクシー乗り場から乗るか、
電話で呼んでもらって乗ったりするのが普通です。
流しのタクシーを呼び止めることは基本的にありません。

昔と違って住所を言えば間違いなく届けてくれます。
ナビという強力な助っ人がありますので安心ですね。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

UFO ?

2014年5月24日(土)

今日は朝から大荒れの天気です。
風も強めでゲリラ豪雨あり、晴れ間あり、最高気温19度でした。

バッセルトンの後日談・・・あれは何? UFO?

バッセルトンへドライブをした時の写真を整理しました。
時折ゴミが写ったり、空や雲に鳥が写ったりするのはよくあります。

ほとんどはそのままですが、何が写ったか確認はします。
Apple20140521-124711-0.jpg
この写真はスマホで予備に写したものです。
桟橋突端の上に灰色の雲がありますが、そこに白く光るモノが。

鳥ではないようですが、飛行機とも違います。
拡大してみると・・・何やら4つのライトが見えますね。
Apple20140521-124711-1.jpg
飛行機やヘリコプターの点滅ライトとも異なります。

さて...何が写り込んだのでしょうか?
これ以上拡大してもボケるばかりなので無理ですが、
ちょっと興味をそそりますね。

かなり前の話しですが、RooとKoalaはハワイで目撃しています。
何って? まさしくUFO(かも)でした。

夜明け前の薄暗い空に不規則に飛び回る飛行物体、
明らかに飛行機やヘリとは異なる動きですし、
高速で瞬間的に移動したりもしていました。
二人揃って目撃したのですが、あれも何だったのか未だに不明です。

さて...今回はナンだったんでしょうか。。。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

バッセルトン桟橋-3

2014年5月23日(金)

今日も曇りで時々雨、気温は15度~21度でした。

Busselton Jetty(バッセルトン桟橋) その3

戻ったところの砂浜に大きなペリカンが1羽。
S115611-0.jpg S115620-0.jpg
(クリックで拡大します)
モンガー湖でも見ましたが、これほど大きくなかったです。
飛び立つ時に羽根を広げると3メートル近くありました。
オーストラリア各地で見られる「コシグロペリカン」ですね。

S115507-0.jpg
(橋桁はかつては木材を使っていましたが、現在はコンクリートも使用)

S114709-0.jpg
(途中に古い桟橋の一部が残っていました)

桟橋の途中では釣りをする人もいますし、
もう秋なのに海で泳ぐお姉さん達もいました。
水着のままで桟橋突端まで歩いていましたよ。
S105739-0.jpg
(海から桟橋に上がってきた水着のお姉さん二人)

S110053-0.jpg
(次の運行を待つミニ列車)

土産品を見にもう一度チケット売り場に入ります。
(正式には [Interpretive Centre] と言います)
中にある資料館には桟橋の建設当時の写真等があります。
よくもまぁ、こんな長い桟橋を作ったものですね。
Ap124817-0.jpg Ap124843-0.jpg
写真の資料には大きな船が停泊している様子も。(クリック拡大可能)

桟橋前にある「The Goose]というレストランで軽食を。
S104840-0.jpg
洒落た感じのレストランですが...値段も洒落ている!
観光地と言えども、高~い!

S102243-0.jpg
(ビジターセンターでおみやげもチェック)

桟橋から少し離れた場所にはもう1軒のレストランも。
こちらも値段は高かったですね。
フィッシュ&チップスで$26(≒¥2,500)でした。

その後、近くを散歩して夕方のラッシュ前に帰宅すべく
そそくさとバッセルトンを後にしました。
帰りもノンストップで2時間30分掛かりました。

往復460Km,久々の長距離ドライブでしたが、疲れは無し!

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

バッセルトン桟橋-2

2014年5月22日(木)

今日も曇ったり晴れたり雨降ったり...日中は23度になりました。

バッセルトンへのドライブ、その2です。

パースを出発してひたすら南へ南へ・・・
半分はフリーウェイ、残りはハイウェイで2時間45分でした。
殆どの区間が上限110Km/h、又は100Km/hです。
ただ舗装面がザラザラなのでタイヤ音がゴ~っとウルサイですね。

途中で事故に遭ったたくさんのカンガルーを見ました。
往復で10頭ほど目撃しています。

10時15分頃ようやく到着しました。
Ap130520-0.jpg
(駐車場です。奥に見えるのはアイスクリームのお店、その後ろがビジターセンター)

ビジターセンターにある展望台へ登ろうとしましたが、
「今日はCloseです」と却下、残念でした。
高い位置から全容を写そうと思ったのですが・・・

バッセルトンの公式HPです。

S104938-0.jpg
(手前にあるチケット等の案内看板)

桟橋の付け根にある三角屋根のチケット売り場へ。
突端までの列車の切符を買いました。
大人二人往復で$22です。
この建物は資料館と土産品売り場も兼ねています。
S105027-0.jpg
(この前からミニ列車に乗ります)

S104954-0.jpg
(運転手のヒゲおじさんが準備をしています)

早足で歩くくらいのペースで列車は進みます。
小さな列車で椅子は二人掛けのみ。
ホームページにも出てくる「ヒゲの太っちょおじさん」が運転手。

S110940-0.jpg
(車内は椅子2つ分の横幅しかありません)

S114314-0.jpg S112632-0.jpg

桟橋は全長2Kmほどで、現在の橋は鉄骨とコンクリートも使っていますが、
元々は木材で造られていました。
山で切り出した材木を船に積むために桟橋を作ったんですね。
遠浅で船が陸地まで来れなかったからです。

S103542-0.jpg
(コンクリートの板を張り巡らせ、その上にレールを敷いています)

桟橋の上を木材を積んだ列車が走っていたのです。
その列車を模したものが観光用として活躍しています。

突端までは15分程で到着です。
残念ながら水中展望塔もCloseでした。

お天気もいいので帰りはチケット放棄で徒歩にしました。
ゆっくり歩いて20分程で出発点まで戻ります。


続きはまた明日・・・

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。