07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

労働対価

2014年3月11日(火)
涼し気な日は3日間で終わり、今日は33度まで上がりました。
それでも空気は秋の気配ですね。

今日はオージーの働き方など・・・


マイペース仕事で高賃金


海外に出ると日本人が特殊な環境にいることがよくわかります。
何の話かって? 「働く」ことに対してです。

日本と一部の国には「猛烈に働く」人達がいますね。
パースに来る前からオージー気質を知ってはいたのですが、
知ると見るとでは大違いなのを痛感しました。

普通の会社の中まで観察はしていませんが、概ね同様でしょう。
こちらの人達にすれば現状が「一生懸命」なんですね。

今までのブログでも少し触れましたが、おさらいを。

 ※また長々と書いてしまいました。お暇なら「続き」をどうぞ。


スポンサーサイト

トカゲは魔除けか

2014年2月25日(火)

今日も晴れで日中に気温は32度止まりでした。

さて、今日は未解決の謎について・・・

  ~~何故トカゲか~~


付近の家の玄関に大きなトカゲのレリーフがあります。
何だろうと思って撮ってきたのですが、
別の家でも同じようなレリーフがありました。

S065118-0.jpg
(これは立体的なトカゲで目と文様が透けてます)

さてさて、これは何を意味するものでしょうか?

日本人の感覚だとトカゲ=気持ち悪い~ですが、

一般的に「生命力が強い」の代名詞的なところがあります。
シッポを切ってもまた生えてくるとか・・・

S111637-0.jpg
(これは壁に描かれていますね)

それにオーストラリアはアボリジニの大地です。
アボリジニアートが世界中に広がっていますが、
私も好きでTシャツも複数持ってます。

そのアボリジニの絵にはトカゲがよく出てきます。
(アボリジニの食料でもありました)

これらは何か関連があるのでしょうか?

例えば魔除けの意味があるとか・・・
幸運を呼ぶとか・・・

ネットで少し調べてみたのですが、解決しませんでした。
S115515-0.jpg
(これも立体的なトカゲです)

そのうちわかったら、改めて紹介したいと思います。

今回は「こんなんあったよ」と消化不良ですが・・・。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

Brekky(Brekkie)とは?

2014年2月23日(日)

今日は朝から少し気温も高めでした。
 相変わらず晴天で日中は36度まで上昇、
  30度を下回ったのは19時過ぎ・・・

今日はオージーの言葉について

           Brekky(Brekkie)とは?


大手のバーガーチェーン「Hungry Jak's」の店舗です。
市内アチコチにあります。MACよりは遥かに多いです。
SONY20140217-061516-0.jpg

このお店は朝6時開店です。広い通りに面しているので、
ドライブスルーでの利用も多そうですね。
(私はショッピングのついでに立ち寄りました)

今回はお店の案内ではなく、看板に書いてある文字のお話し。
DRIVE THRUの下に「Brekky 6AM」とあります。
このBrekkyですが、Breakfast(朝食)のことですね。

SONY20140217-061532-0.jpg

オーストラリアでは英語が独自に変化(進化)しており、
数多くの独特の言葉(スラング)があります。
発音だけでも米語・英語と違うのにスラングがやたら多いんです。

イギリス人やアメリカ人でさえ「オーストラリア語」を
完全に習得するには1-2年も掛かる...と聞きました。

スラングの一つが表題の「Brekky」です。(Brekkieとも書く)
看板は「朝食6時から」ということですね。

Rooは英語がほとんどダメですから、数百あるスラングまで
とても手(頭)が回りません。一生無理だと断言できます!


ペットか何かのように親しみを込め、呼ぶ言葉も多いですね。
ほんの少しだけ紹介します。

オージー  Aussie   Australian   オーストラリア人
バービー  Barbie   Barbecue   バーベキュー
モジー   Mozzie   Mosquito   蚊
コッキー  Cocky   cockroach   ゴキブリ
チュウイー Chewy   Chewing gum   チューインガム
プラッキー Placky   Plastic   プラスチック
トラッキー Truckie   Truckdriver   トラック運転手
チョッキー Chockie   Chocolate   チョコレート


蚊とかゴキブリまで可愛く聞こえてしまいます。

それと短縮好きですね。有名な挨拶言葉は...
グッダイ  G'day=Good dayの短縮語。こんにちわ!、よぅ!

多国籍のオーストラリアですから、様々な訛りも加わります。
それに加えアボリジニの言葉も取り込まれていますので超難解!

まさに、Rooにとっては「Kangaroo]です。

※Kangaroo=アボリジニ語で「言っていることが判らない」の意味

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

ペットを飼うルール

2014年1月24日(金)

熱波の勢いが落ちた?雲もあり今日は33度で収まりました。
まだまだパースは真夏ど真ん中です。

***今日はペットを飼うルールのお話***

ペットの飼い方


動物愛護の国オーストラリアでペットを飼うには
日本より厳しいルールがあります。(州により異なる)

犬や猫の数にも制限があり一般的に2匹(頭)までです。
必ず登録をしてICチップを装着し、予防接種も必須です。
去勢や避妊手術もきちんと行う義務があります。

鳴き声が近所に迷惑とならないように配慮が必要です。
犬や猫はもちろん戸外での放し飼いはNGです。
散歩の時は首輪と手綱は必須です。

日本のようにペットショップはほとんど見かけません。
オーストラリアだとショップそのものが「動物虐待」ですから。
飼育できる動物の種類も限定されます。

※日本はザル法ですから「何でも売れる買える飼える」ですね。

犬などは個人的に譲り受けるパターンが多いようですが、
その際はICチップを挿入し、予防接種を済ませる必要があります。
個人が勝手にブリーディングすることも禁止です。
(届け出をしてお金を支払うようです)


近所でも犬を飼っている家は多いようです。
皆んなルールを守って...なんていませんね。

どの国でもルール無視の人は少なくありません。

隣の家のチビ犬は放し飼いで通る人を追いかけ吠えまくるし
こっちの芝生の上でも糞をしまくりです。
チビで弱いくせに吠えまくってます(飼い主は中○人です)

大きな犬を放したまま散歩させている人も多く、
すれ違うにもドキドキさせられたりします。
ドーベルマンのような大型犬は怖いですからね。

公園でも手綱を話して遊ばせるのは禁止ですが、
人が少ないと放したまま遊び放題にしています。
Rooも後ろから手をパクっとやられたことがありますが、
飼い主のおばちゃんは謝ることもなしに平然としてました。

SONY20140104-163158-0.jpg
(TOMです。ボクはしっかりルールを守っているよ)

日本よりひどいんじゃない?と思ったのは糞の始末ですね。
住宅街でもメインストリートでも、アチコチ糞だらけです。
よく見て歩かない踏んでしまいます。日本より酷いかも。

散歩の時に糞尿の処理道具を持っている人をほとんど見ません。
置きっぱなしでも、悪いとは思っていないのでしょう。
(夏は1時間程でカラカラに乾燥して匂いも消えますが)


日本と違うのは野良(特に野良猫)をほとんど見掛けないこと。
まぁ、これがいつまでも守られる保証はありませんが。


どんなにルールを厳しくしても、限界があります。
そして移民が多いオーストラリアならではの苦労も。

非英語圏からの移民・難民が増えている事情もあり、
全員に様々なルールを守らせるのは不可能だと思います。

それに取り締まるだけの人手もありません。

飼っている動物とご近所に迷惑を掛けないように
仲良くペットと暮らしたいものですね。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

不法投棄

2014年1月7日(火)

今日は昨日より一気に10度も気温が下がり28度です。
ジェットコースターみたいです。週末にはまた猛暑が...

今日の記事は近くで目撃の不法投棄について・・・


===置き去りされたもの===


どこの国でもルールやマナーを守らない人は沢山います。
このオーストラリアでも毎日のように見かけます。

今回は置き去りの現場を・・・


住宅街の一角に大木の並木があります。
その木の下に不法投棄の家財が山になっています。
個人が投棄したのか、預かった業者が投棄したのか。
SONY20131222-073718-0.jpg

ついこの間までは、ここから百メートルほどの場所に
長期間の投棄物があったのですが、ようやく片付けられました。
その数日後にすぐ近くのココに新たに捨てたヤツがいるんです。

どこの国でも不法投棄の対策では頭を痛めているんでしょうね。

ただ...日本と違うのは「粗大ゴミ」の回収が少なすぎること。
パースでは「1年に」2回程度しか回収日が無いらしいんです。
予算削減でどんどん回数が減ってきたとか。
持ち込みは常に可能ですが、料金が掛かるし搬送の手間も・・・

日本はまだまだ恵まれていますね。


さて、次は散歩の途中で見たモノ・・・

んんん?なんだ?、何故、こんな場所に?
ここは両側2車線の幹線道路で車も非常に多いです。
その真中(緑地帯)になんとトロリー(スーパーのカート)が。
ここは一番近いスーパーからでも2Kmほど離れています。

Apple20131225-070625-0.jpg

どうやってここまで持って来て、何故真ん中に放置したの?
Apple20131225-070633-0.jpg
(スマホだとズームしたら画質最悪ですね)

謎だらけですね。
これらは個人が回収するには危険ですので
道路管理者が片付けるんでしょうね。

スーパー周辺での置きっぱなしは必ず目撃しますが、
広い道路の真ん中(中央分離帯)に放置とは...
オージー恐るべし!!

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。