05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パースお魚事情

2014年3月27日(木)


今日は曇り時々晴れで日中は29度でした。
30度以下の日が増えてくるようです。秋ですね。

今日はお魚のお話しを。

   コアラナンは見た!シリーズ

      -27-  お魚事情

パースは海があるのに魚貝類の値段はムカッと来るほど高すぎます。
スーパーで売られている魚貝類は全て冷凍されており
しかも、一袋分の量が多すぎて買うのをためらいます。

スーパー内、またはスーパーの入り口近くにある魚屋さんでは
生の魚が売られていますが一匹丸ごと氷の上にズラーっと並んでいます。
A112547-0.jpg

魚屋さんだからといって魚を3枚におろしてくれるとか
頭と尻尾を切ってくれるとか、そのような事はありません。
お客様が各自、欲しい魚をナイロン袋に入れたものを受け取り
はかりで計って精算するだけです。

A112611-0.jpg
スマホの写真、上の二枚ともブレまくってます

切り身で売られているものにサーモンがあります。
これは日本のと同じ味がして美味しいです。
他にも数種類の切り身の魚がありますが、一部しか食べていません。

骨も皮も取り除かれて売られている白身の魚があります。
フライにして食べるそうですが私は塩焼きにして頂きました。
まぁまぁ食べれましたね。(Barramundiという魚)


生海老は4種類見ました。
生イカは「これがイカ?」と思うほど小さくて薄いのです。
並べられていてもイカの形がくずれています。

貝類は冷凍のもの、生でも売られています。
でもアサリやシジミと違うので味噌汁には不向きです。。
牡蠣貝も冷凍で売られていますが、かなり小粒です
(生牡蠣は産地でないと恐くて食べられません)

先日、サバだという魚をみつけました。
大きさは鮎くらいでサバ独特の模様は薄く、どう見てもサバとは
思えませんが一応買って塩焼きにしました。

味は「これのどこがサバなの?」でした
カツオとか鯛に似た魚も売っています。
でも同じ味を期待するのは無理でしょうね。

そんな中、冷凍ではあるけれどカレイを見つけました。
ニュージーランド産、1匹4ドル近くします。(約370円)
日本のより少し丸いと思いませんか?
左側に目があるのでレフト・アイと呼ばれているみたいですね。
S140316-154953-0.jpg

早速、煮付けにしました。
んー美味しい~!!
日本で食べるのと同じ味がしました、
こういう時はとても嬉しいですね。

現地お魚あれこれ詳しく載っているサイトもありましたので参考までに。
*ATCITY! on web という現地情報サイトです*

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

スポンサーサイト

NASHI

2014年3月8日(土)

今日は久々の雲が多い天気で、昨日より10度以上も気温が下がり、
 最高気温でもなんと26度だったんです!
  今日と明日だけの「暑さひと休み」らしいですが・・・

今日は「NASHI」のOHA-NASHI

  Coala-nan は見た

         -23-  NASHI

スーパー内の果物コーナーで思わず(あっ・・・)と声がでました。
もしかして梨?
形はいびつで日本の梨より一周りちいさくてあまり美味しそうには
見えませんが手触り感が日本の梨なのです。
S151341-0.jpg

商品名を見ると「NASHI PEAR」と書かれています。
(そうか、やっぱり梨なんだ)と思いましたが日本から輸入した
品物ではありません。

日本の店先に並んでいる梨は品種改良が進んでいて、大きくて綺麗で
甘味も強く、とてもジューシーで美味しいですよね。
こちらのは違いましたが懐かしくて1個買ってきました。
61セントでした。

S151414-0.jpg

食感は梨でしたが、やはり甘味に欠け日本の商品には届きませんでした。
以前、洋梨も買って食べてみましたが、かたくて甘味がありませんでした。
リンゴは良しとして梨、葡萄の類は日本の商品には、かないません。

メロン、スイカも商品の表面が汚れ、傷ついている感じがして
畑の真ん中に放置されたのを拾い集めて店先に並べたようで
あまり食べたいとは思いませんが食べると美味しいです。
日本の果物は優秀です。

作った人の心がこもっているからでしょうし
生産者としてのプライドがあるのでしょうね。



もう一つオマケの画像を
A142853-0.jpg
ハイ!ご存知タイ産の「ドリアン」です。
キロ当り$6.98ですので、特に高くありません。一個で1K超えますね。
世界一美味しくて、世界一クサイ果物で有名ですね。

もちろん買ってはいませんが、2-3日家に置いて割れた頃に
冷蔵庫に入れて冷やし、食べる時は一気に食べ切ること。
熟した実を置いておくと、匂いが充満して大事になります。
一気に処理すると匂いは我慢できる範囲?だそうです。

そのうち食べて見たいとも思うのですが・・・

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

どんな味でしょ

2014年2月7日(金)

まぁよく晴れが続くこと・・・午後には32度!
夏の終わりまで、あと一ヶ月少々の辛抱ですね。

今日は「コアラナンは見た」シリーズ

    -17-  どんな味でしょ?

スーパーの果物売り場で目に入った果物を手に取りました。
ひとつはランブータン(RAMBUTAN;マレー語で毛を意味します)

もうひとつは龍眼(りゅうがん、こっちではLONGANと記されてました)。

※参考URLはいずれもWIKIPEDIAより※

ランブータンは日本でも見たことはありますが龍眼は知りませんでした。
ライチと並んで売られていましたので何となくライチに似た味がするのではないかと直感。
(ライチ、リュウガン、ランブータンは同じムクロジ科の果実)

S110659-0.jpg

ランブータンは1キロ19ドル88セント(≒1,790円)、
龍眼は9ドル88セント(≒890円)の値段が付いてます。
せこい私はランブータン2個、1ドル25セント
龍眼も数の少ないのを選び1ドル77セントで買い求めて早速味見です。

S110913-0.jpg
(皮を剥いた状態です。ライチと同じような姿ですね)

S111250-0.jpg
(果肉と食べた残りの種です)

やはり思った通りライチに似ていましたがライチ程美味しくはありません。
値段に比例した味に思われました。
それにしても龍眼とはよく名付けたものです。
妙に納得できた果物の名前でした。

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

日本の食材

2014年1月15日(水)

今日は曇り時々晴れで日中は27度と爽やかでした。

SONY20140109-165316-0.jpg(クリック拡大可)
記事と関係ない写真ですが、近所のお庭で見つけました。
「ゴールデンシャワーツリー」と言います。原産はインドです。
日本の奄美でも育っているとかWebで見ました。
色違いの藤のようにも見えますね(同じマメ科)


さて、今日も食べ物のお話を。

  ====日本食材のお店====


車で20分ほどのところにある日本食材店のお話です。

お店の案内 「日本フード

スビアコ(Subiaco)[シティ西方]は昔の面影を強く残す場所です。
少しばかりレトロな雰囲気が魅力でもあります。
そこにある日本食材店でお買い物。

スーパーでも「アジアンフード」はいくつか入手可能です。
梅干し、ウドン&ソバ(乾麺)、マヨネーズ、トーフ等々。
インスタント麺は香港などからの輸入が多いです。

でもこのお店には日本から直輸入の商品も多いんです。
調味料とかドレッシングとか讃岐うどんやお菓子まで。
お菓子はこっちに来てほとんど食べていません。
(どれもこれも口に合わず、間食がゼロになりました)

冷凍ですがホッケやアジも売ってます(高いけど食べたい~)
日本的料理にはどうしても欠かせないのが調味料です。
鍋にはポン酢、寿司には寿司酢、一夜漬けの素もあります。

日本食は時々欲しくなるので、保存のきくものを買いだめ。

熱心に時間を掛けて買い込んでいた外人さんもいました。
商売に使うんでしょうか?日本料理の知識があるのかな?

それと、安心なのは店員さんが日本人なのです。
商品のことを聴くのも精算も日本語だけでOKです。
珍しくポイントカードも発行していました。

パースで時々利用するもう一軒の食材店がありますが、
そちらは日本人はいませんので英語しか通じません。
日本食材もありますが「アジアンフード」なので、
「似たもの・もどき」が多いと言えば多いかな?
でもパース駅の裏手西の方ですので分かり易いですね。

どうしても欲しいものを思いついたら両方回ってみます。
最近はだんだん日本の食材も増えているようです。
日本人にとっては有難い存在ですね。

若い人は地元の食事に慣れることが出来るのでしょうが、
60年も恵まれた日本食で過ごしたRooには難しいことです。

値段が高い...個人輸入が難しい物ですから止むなし。

先日「たくあん」を4ヶ月ぶりに食べました。
それだけでご飯が美味しく感じるんですねぇ~

次はどうしても焼き魚が食べたい~

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

風変わりな桃

2014年1月14日(火)

今日も晴れですが日中は爽やかな風もあり27度でした。
こんな日が続けば夏も「いいもんだ」なんですが。


スーパーや市場で風変わりな野菜や果物を目にします。

今回は美味しい果物のお話・・・


Coala-nanは見た

        ー その15-    なにコレ?

スーパーで珍しい桃を見つけました。
名前はドーナツ・ピーチ(又はフラットピーチ)と言うそうです。。
名前のとおりドーナツの形の桃で、手の平ぐらいの大きさです。

この桃は日本で売られている桃の三分の一の大きさしかありません。
1キロ単位で買うと大体1300円くらいになります。
あまりにも珍しい形なので2個買ってみました。
SONY20140109-152639-0.jpg

さてこのドーナツ・ピーチの中はどうなっているのか?
手で半分に割ってみました。
すると親指の爪程の大きさの種が真ん中の上の方についています。
匂いも肌触りも桃です。一口かじってみました。
もっちりと甘いのですがジューシーさに少し欠けます。

日本の桃は食べると口の周りがベトベトになりますが
ドーナツ・ピーチにはそれがありません。

このドーナツ・ピーチで暫し日本で食べた桃の食感を
 思い出してしまったKoalaでした

※実は日本でも僅かですが出回っています。
 日本での名前は蟠桃(ばんとう)と言うそうで元は中国産。
 中国の昔話では不老長寿の果物と言われていたそうです。
 (Roo編集長が補足説明しました)


mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。