09月 « 2017年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手厚い警備VS簡易警備

2014年6月11日(水)

今日は晴れ一時曇りでしたが朝は3度まで冷えました。
日中は17度まで上がりましたが、もう初冬なんですね。
これから最高気温が更に低くなるでしょう。

普段から気になっていたことで、工事中の警備のお話しを。
mark_koujichu.jpg

日本と同じように年中どこかで道路の補修等が行われています。
そしてあちこちで住宅や店舗などの工事も行われます。

日本では歩行者や工事従事者の安全確保のために、
警備員を付けることが義務付けられていますね。
(工事の内容によって異なりますが)

日本では「そこまで必要ないのに」と思ったこともあります。
歩行者が自分で注意すれば済む程度のこともありますよね。

こちらで気づいたのは、ほとんど警備が付かないことです。
交通整理が必要な道路工事ではさすがに配置していますが、
せいぜい一人だけで、工事関係者や通行人と話しながら
の~んびりとやっています。(これで大丈夫かいな)
若いお姉さんのアルバイトも見掛けますよ。
ダウンロード


通る人や車が気をつければいいことですからね。
外国では自分の身は自分で守るのが原則です。

道路そばの住宅や店舗の工事でダンプが出入りする場合も
日本では必ず警備員の配置が必要ですが、
こちらでは大掛かりな工事以外で見たことがありません。
(バリケードを張っていることはありますが)

Ap-075153-0.jpg
(家の庭の段差を壊し、新築家屋の土台を造る工事の様子です:重機は日本製)
Ap-075725-0.jpg
時にはダンプや重機も出入りしますが、警備員が付いたことは一度もありません。
(写真は記事とは直接関係ありません)

日本ではどんどん警備の配置が増えていますね。
それが様々な工事のコスト増にも繋がっているはずです。
歩行者保護も大事ですが、人通りの少ない交差点の信号と共に、
「過保護」とも思える対策が多いように思います。

警備関係の組織からの働きかけ等あるんでしょうか?
(こういう話にはよく既得権益に絡む裏がありますので)

場所によっては必要と思うこともありますが、
警備員を配置したからと言って事故が無くなる訳ではありません。
日本の工事現場でも事故はよく起きますよね。

交通事故も含めて「安全」というものについての
認識はお国によって大分異なるようですね。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

スポンサーサイト

ティータオル

2014年6月8日(日)

今日はど~~~んよりした一日、最高気温は20度でした。

今日は「見た!」シリーズから。

コアラナンは見た
      
        -32- ティータオル

そのまま訳せばお茶のタオル・・・?
なんじゃらほい?と思われるかもしれませんが日本でいう布巾です。
私が初めて見たのは娘がイギリスで生活していた時でした。

コットン100%で大体、縦80センチ、横45センチあります。
イギリスでもオーストラリアでもお土産店では必ず売っています。
イギリスでは観光地の絵柄、薔薇の花などの絵柄が多くありました。

こちらではオーストラリアならではの動物、鳥類、植物などの絵柄が多いです。
この地で生活している人はスーパーなどで安く手に入れますが
このような絵柄のものはありません。

SO-163058-0.jpg(クリック拡大可)
この写真のティータオルはシティに行った時、観光名所「ロンドンコート」
にあるお土産店で見つけた品です。

SONY20140606-163058-2.jpg
(真ん中の一部を拡大してみました)
絵柄がとっても可愛かったので、つい買ってしまいました。(7ドル50セント)
ちなみにDOWN UNDERとは赤道の真下、すなわちオーストラリアのことをさしています。

SO-163200-0.jpg(クリック拡大可)
この写真はティータオルをエプロンにしたものです。(10ドル)
テーブルセンターやタペストリーとして使うなど色々と楽しめるティータオルですね。。

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

行き止まり

2014年6月2日(月)

今日の天気は晴れ時々曇りで気温は13度~20度でした。

6月2日はWestern Ausutoralia Day 西オーストラリアの日で休日です。
お役所は勿論、ほとんどの企業、商店もお休みですね。
日本でも増えている「月曜に記念日を持ってくる」やり方です。
土、日、月と3連休になるようにしていますね。

今日は「行き止まり」のお話し。

住宅街等でよく見られる看板に「No Through Road」があります。
Apple20140602-111630-0.jpg
日本では「行き止まり」とか「通りぬけできません」ですね。
Apple20140602-111355-0.jpg

日本の住宅街だと車道がぶつっと切れた状態のままですが、
こちらでは突き当りの場所でUターンできるようになっています。
ちょっとした心配りだと思います。
Apple20140602-111024-0.jpg

Apple20140602-110953-0.jpg

Apple20140602-110926-0.jpg
土地が余っているようなオーストラリアならではの光景でしょうか。

それと、こちらでは個人宅の入り口を使ってUターンします。
バックで門の付近まで入って切り返して方向転換です。

日本だと「勝手に人の敷地に入るな」と言われそうですね。
敷地も広いし心も広いオージーは全く気にしません。
おおらかでいいですね。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

パースのキノコ

2014年5月30日(金)

今日は晴れ一時曇りで気温7度~18度でした。
家の中は寒~いです!

今日は「Koala-nanは見た!シリーズ」

コアラナンは見た

    -31- ええーっ!?これってキノコだよね?


今、こちらは秋。でもまさかねぇ~?でも・・どう見てもキノコだ!!

以前、ブログで紹介したけど伐採した木を粉砕機にかけてチップに
したものを庭の片隅に置いてありました。
数日雨が続いたと思ったら、そこからニョコニョコ顔をだしてました
驚いたのなんのって・・・
だって、山が無いのにキノコが出ると思ってませんでしたもの。

スーパーで売っているのはマッシュルームだけだし
週末に開かれる市場では稀に、えのき茸、エリンギ、ひらたけ
それと不味い椎茸もどきの椎茸(?)を売っているだけだから。

これは日本で言うチャワンダケの仲間、キクラゲに似ていますね。
Apple20140529-164703-0.jpg

これは粘菌の仲間でしょうね。
Apple20140529-164806-0.jpg Apple20140529-164757-0.jpg

他のキノコは不明です。
Apple20140529-164736-0.jpg Apple20140529-164848-0.jpg

それからというもの散歩の時、気をつけて見ていると緑の芝生にポツンと
しめじっぽいキノコ、木の根っこにはフウセンダケもどきのキノコ、
また、プルメリアの木にもキノコの仲間が張り付いていました。
Apple20140529-164920-0.jpg

もしかしたらカンガルーの棲むブッシュの中にもキノコがあって
今頃、カンガルーもキノコを食べたりしてるかもね。

Ap141724-0.jpg
・・・そんなことはないか

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

タクシー

2014年5月28日(水)

今日は久々に青空が広がりました。午後には雲が多くなりましたが、
なんとか雨が降らずに済んだ1日です。気温は11度~19度。

今日はタクシーのお話しを。
パースでは「雲助」はいませんので安心してタクシーに乗れます。
Ap135532-0.jpg
(日本のプリウスは省燃費なのでタクシーでも使用されます)

メーター制なのでぼられることもありませんし、原則チップも不要です。
ちょっと変わっていると言えば、こちらの人はほとんどが助手席に乗ります。
荷物があるとか、話したくない人は後部座席でかまいませんが・・・

Rooは会話がうまくできないので後部座席利用者ですね。

先日、夜中に空港から自宅までタクシーに乗りました。
自宅まではおよそ20Kmの距離です。

空港のタクシー乗り場へ行くと4-5台待機していました。
Rooは一人なので先頭の大きなワゴンを避けて2台目へ。
すると2台目の運転手が「前から順番だ」と言いました。
(たぶんそう言ったと思います)

一番前のタクシーはワゴンタイプで10人まで可能な車種。
「え~っ、これに一人でのるんだ」と思いつつ後部座席へ。
トランクなどを積んでも5-6人以上は乗れる広さです。
Ap083817-0.jpg
(この大きさのタクシーもよく見掛けます)

行き先を告げて夜景を見ながら約20分。
掛かった運賃は$42ほどでした。
チップは不要ですが$50を渡して「残りは取っときな」と
伝えました(もちろん英語で)。

こちらではバンタイプのタクシーがやたら多いです。
スーパーなどで待機するタクシーは半分以上がバンタイプです。
日本ではめったに見ないとおもいますが。。。
Ap135515-0.jpg
(大きな買い物をしてもバンタイプなら問題なく入りますね)

それと大きなワゴンタイプはオプショナルツアーなど観光でよく使用します。
みなさんも経験あると思います。

タクシーは原則としてタクシー乗り場から乗るか、
電話で呼んでもらって乗ったりするのが普通です。
流しのタクシーを呼び止めることは基本的にありません。

昔と違って住所を言えば間違いなく届けてくれます。
ナビという強力な助っ人がありますので安心ですね。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。