05月 « 2017年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFO ?

2014年5月24日(土)

今日は朝から大荒れの天気です。
風も強めでゲリラ豪雨あり、晴れ間あり、最高気温19度でした。

バッセルトンの後日談・・・あれは何? UFO?

バッセルトンへドライブをした時の写真を整理しました。
時折ゴミが写ったり、空や雲に鳥が写ったりするのはよくあります。

ほとんどはそのままですが、何が写ったか確認はします。
Apple20140521-124711-0.jpg
この写真はスマホで予備に写したものです。
桟橋突端の上に灰色の雲がありますが、そこに白く光るモノが。

鳥ではないようですが、飛行機とも違います。
拡大してみると・・・何やら4つのライトが見えますね。
Apple20140521-124711-1.jpg
飛行機やヘリコプターの点滅ライトとも異なります。

さて...何が写り込んだのでしょうか?
これ以上拡大してもボケるばかりなので無理ですが、
ちょっと興味をそそりますね。

かなり前の話しですが、RooとKoalaはハワイで目撃しています。
何って? まさしくUFO(かも)でした。

夜明け前の薄暗い空に不規則に飛び回る飛行物体、
明らかに飛行機やヘリとは異なる動きですし、
高速で瞬間的に移動したりもしていました。
二人揃って目撃したのですが、あれも何だったのか未だに不明です。

さて...今回はナンだったんでしょうか。。。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね
スポンサーサイト

バッセルトン桟橋-3

2014年5月23日(金)

今日も曇りで時々雨、気温は15度~21度でした。

Busselton Jetty(バッセルトン桟橋) その3

戻ったところの砂浜に大きなペリカンが1羽。
S115611-0.jpg S115620-0.jpg
(クリックで拡大します)
モンガー湖でも見ましたが、これほど大きくなかったです。
飛び立つ時に羽根を広げると3メートル近くありました。
オーストラリア各地で見られる「コシグロペリカン」ですね。

S115507-0.jpg
(橋桁はかつては木材を使っていましたが、現在はコンクリートも使用)

S114709-0.jpg
(途中に古い桟橋の一部が残っていました)

桟橋の途中では釣りをする人もいますし、
もう秋なのに海で泳ぐお姉さん達もいました。
水着のままで桟橋突端まで歩いていましたよ。
S105739-0.jpg
(海から桟橋に上がってきた水着のお姉さん二人)

S110053-0.jpg
(次の運行を待つミニ列車)

土産品を見にもう一度チケット売り場に入ります。
(正式には [Interpretive Centre] と言います)
中にある資料館には桟橋の建設当時の写真等があります。
よくもまぁ、こんな長い桟橋を作ったものですね。
Ap124817-0.jpg Ap124843-0.jpg
写真の資料には大きな船が停泊している様子も。(クリック拡大可能)

桟橋前にある「The Goose]というレストランで軽食を。
S104840-0.jpg
洒落た感じのレストランですが...値段も洒落ている!
観光地と言えども、高~い!

S102243-0.jpg
(ビジターセンターでおみやげもチェック)

桟橋から少し離れた場所にはもう1軒のレストランも。
こちらも値段は高かったですね。
フィッシュ&チップスで$26(≒¥2,500)でした。

その後、近くを散歩して夕方のラッシュ前に帰宅すべく
そそくさとバッセルトンを後にしました。
帰りもノンストップで2時間30分掛かりました。

往復460Km,久々の長距離ドライブでしたが、疲れは無し!

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

バッセルトン桟橋-2

2014年5月22日(木)

今日も曇ったり晴れたり雨降ったり...日中は23度になりました。

バッセルトンへのドライブ、その2です。

パースを出発してひたすら南へ南へ・・・
半分はフリーウェイ、残りはハイウェイで2時間45分でした。
殆どの区間が上限110Km/h、又は100Km/hです。
ただ舗装面がザラザラなのでタイヤ音がゴ~っとウルサイですね。

途中で事故に遭ったたくさんのカンガルーを見ました。
往復で10頭ほど目撃しています。

10時15分頃ようやく到着しました。
Ap130520-0.jpg
(駐車場です。奥に見えるのはアイスクリームのお店、その後ろがビジターセンター)

ビジターセンターにある展望台へ登ろうとしましたが、
「今日はCloseです」と却下、残念でした。
高い位置から全容を写そうと思ったのですが・・・

バッセルトンの公式HPです。

S104938-0.jpg
(手前にあるチケット等の案内看板)

桟橋の付け根にある三角屋根のチケット売り場へ。
突端までの列車の切符を買いました。
大人二人往復で$22です。
この建物は資料館と土産品売り場も兼ねています。
S105027-0.jpg
(この前からミニ列車に乗ります)

S104954-0.jpg
(運転手のヒゲおじさんが準備をしています)

早足で歩くくらいのペースで列車は進みます。
小さな列車で椅子は二人掛けのみ。
ホームページにも出てくる「ヒゲの太っちょおじさん」が運転手。

S110940-0.jpg
(車内は椅子2つ分の横幅しかありません)

S114314-0.jpg S112632-0.jpg

桟橋は全長2Kmほどで、現在の橋は鉄骨とコンクリートも使っていますが、
元々は木材で造られていました。
山で切り出した材木を船に積むために桟橋を作ったんですね。
遠浅で船が陸地まで来れなかったからです。

S103542-0.jpg
(コンクリートの板を張り巡らせ、その上にレールを敷いています)

桟橋の上を木材を積んだ列車が走っていたのです。
その列車を模したものが観光用として活躍しています。

突端までは15分程で到着です。
残念ながら水中展望塔もCloseでした。

お天気もいいので帰りはチケット放棄で徒歩にしました。
ゆっくり歩いて20分程で出発点まで戻ります。


続きはまた明日・・・

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

バッセルトン桟橋 (Busselton Jetty)

2014年5月21日(水)

今日の天気は曇り時々晴れで一時雨、日中は20度でした。

今日、バッセルトンまで日帰りでドライブ行ってきました。
片道230Km程で3時間弱を要します。(往復で6時間)
今回は取り急ぎ現場の写真だけを載せます。
続きは明日以降に予定していますのでお待ちください。

バッセルトン桟橋と言えば「千と千尋の神隠し」の題材ともなった
長~~~い桟橋の上をミニ列車が走るので有名ですね。
DSC03294.jpg

DSC03298.jpg
現地に着く頃には天気もよくなりました。

SONY20140521-103643-0.jpg
オフシーズンで平日だったので人も少なかったです。
ただ、突端の水中展望塔が閉まっていました。残念。

詳細は後日お知らせします。

ルー爺 Roo-popが編集しました。


ポチッとね

車の停め方

2014年3月12日(水)

天気は曇り時々晴れで気温は高めで36度でした。
猛暑はこの夏の最後のあがきか?


今日は「コアラナンは見た」シリーズ

         -24-  車について

 毎日、夫と40分ほどの散歩をしている私です。

散歩が夜になると住宅街は暗いので車の多いメイン通りを
歩いていますが、不思議なことに片方のライトが消えたままか、
又は片方のライトが弱い状態で走行している車が多いのです。
勿論、尾灯も片方が消えているのが多いのです。

夫に言うと「日本も多いぞ」。と言いますが
先日は3台並んで片方のライトが消えてました。
日本人とは車への思い入れが違うのでしょうか?
愛車への整備に無頓着なのかもしれませんね。

A-145038-0.jpg

写真はスーパーで駐車している車達(?)です。
全車、揃って駐車場に頭から入って止めています。

理由は買ったものをトランクに入れやすいためです。
商品は何でも大きくて量も多い上に、大量に買い込むため
車内に持ち込むには無理があります。

A-145033-0.jpg

トロリーで運んだ買い物を後ろのトランクに入れ易いように
こうして頭から駐車するのです。
じゃ、自宅、職場などでは車をバックにいれて、出やすい状態で
駐車するのでしょうか?

いいえ、やはり頭から入るのが殆どなのです。
娘に訊くと「さぁ?そのままの方が入れやすいんじゃないの?」

「出る時の事を考えるとバックで入れたほうが安全と思わない?
前がよく見えて良いと思うけど」と私。
「ん~・・お国柄の違いだね」 だそうです。

停める時は「出る時の事まで考えない」がオージー風?・・・
結論がでないまま話は終了しました。

mini-koala Koala-nanが編集しました。


ポチッとね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。